徒歩30分圏内しばりの酒屋in京都

 

腹八分いや、腹五分の日々の晩酌はやはり日本酒です。

さすがに自然派ワインはコスパ的に日常酒にはなりま

せん(笑)京都で外食すると京都〜滋賀の地酒に遭遇

する確率は俄然高くなり、新発見が多いです。こちら

へ来てかかりつけ酒店をみつけておかなくては〜!と

探していたところみつかりました。おまけにお店独自

で発行されている「一酒一会の会だより」なる紙の!

酒通信を頂きました。お酒の説明がワインさながらの

豊かな表現力で形容されているので読んでいてかなり

ワクワクさせられます。音楽雑誌のレコード評を読み

その評論で聴きもせず購入するアノ感覚が蘇ります!

 

 

こちらの「亜麻猫」というお酒は秋田の新政から出て

います。最近のお気に入りです。個性があるので好み

が分かれるかもしれませんが、独特の酸味にやられて

しまいました。この酸味は、通常の清酒用麹に加えて

強い酸味をもつ焼酎用の麹(白麹)を用いて作られて

いると酒通信に書かれていました。日本酒もちょっと

こういう横道にそれたものに惹かれてしまいます(笑)

 

 

 

徒歩30分圏内しばりの旨いものin京都

 

大阪から京都へまれに出て来た時は積極的に立ち寄る

ベジタリアンレストラン「スジャータ」さん。店主の

笑顔と野菜の旨さを最大限に引き出したメニューには

いつも勉強させて頂いています。

 

今は廃盤となったメニュー和定食はもう食べれません

が、これからの季節かなりヘビーユーズしそうなのが

この野菜ラーメンセット。きのこ類からとった出汁と

豆乳がベースとなったスープが適度なコクをもちクセ

になっています。チャーシューなどのにぎやかな演出

など全然必要ありません。これでも足りない方は野菜

ギョーザをオススメしたいです。

 

 

こちらはハイファイカフェさんに教えて頂いた甘味処

豆かんで有名な「喜み家」さん。そもそも豆かんって

という方のために簡単に説明を。賽の目に切った寒天

と茹でた赤えんどう豆をまぜて黒蜜をかけたものです。

罪悪感のない和スイーツとも言えなくないですね(笑)

豆かんにプラスアルファー色々バリエーションがあり

ますが、更に白玉が入ると最高です。あと、お昼食べ

損なった時は白味噌の雑煮がオススメです。雑煮具材

はシンプルにもお餅と生麩です。生麩の上に鰹節少々

ゆず少々が上品に盛られています。すっごく繊細な味

に感動しました。

 

また徒歩30分圏内しばり編、書きたいと思います。

 

 

シリーズ「店ができるまで(9)」

 

住まいの引越の後、京都から通いながらの店の引越を

終えて、11月末をもち正式に退去となった風景です。

 

ガラーン。

 

初めてのお店としてはちょうどいいサイズ感でしたが

お客さまにしたらなかなかカウンターに座るには勇気

のいる店だったのかな〜?と想像したりします。店主

との物理的な距離感が近いので、ほっといてくれない

感を演出していたかな〜?とも想像したり。ひとたび

お客さまが音楽ファンともあらば、何がお好きかしら

と頭の中をグルグルさせながら(作業の手を止めて)

選曲してたようにも思います。この風景は、京都でも

変わらず(更に拍車かかるかと思いますが)目撃して

頂けるかと思いますが。お時間にたっぷりとゆとりを

もってのご来店お待ちしております(笑)

 

 

ちょうど11月のおわり三連休のド真ん中に店を引越

したんですが、銀閣寺に近いというのもあり店前道路

の観光バスと市バスの往来のすごいこと!12月8日

本日より帳尻合わせのように冬が追いついてきた感が

ありますが、さすがに紅葉も終わりでしょうか?少し

観光客が減ったかもしれません。

 

 

壁面を店らしく塗装してもらい、入口はこんな感じに

なりました。恐らく自転車で来られる方もいるだろう

と思い、スペース確保優先で以前使っていた電飾看板

は出しません(といっても、よく電気をつけないまま

営業してたものです…苦笑))屋号をガラス面にどう

にかしようと思うんですが、まだ決め兼ねています…

余裕もって進めていたつもりですが、案外ダメなもん

ですね。

 

 

大阪ではスペースに限りがありまくっていたのもあり

ムリから食器棚の上の僅かなスペースにレコード棚を

作って頂いたQuleの川西さんに今回もお願いしたのが

レコード棚の一部にテープとCD収納部も組み込んで

頂いたコチラ。あえてカウンターテーブル(大阪から

使っていたアノ!)と色を合わさず無塗装ナチュラル

でいきましたが、案外、色のトーンを合わさない方が

圧迫感もなくイイことに気づきました。

 

 

これも川西さんにお願いしたオーディオ棚の一部分を

撮ったものですが、誰も見ないし見えない部分で面倒

なお願いをしました…(笑)アンプ、オープンリール、

カセット、CD、レコードと、発せられる熱量を考慮

して熱を逃がすスリットをつけて頂き、大き目の所は

配線を通す用に作ってもらいました。まだオーディオ

を設置してないので全体像はまた追って!

 

大阪のオーダー家具工房Qule

http://muku-kagu-qule.com/

 

 

本日到着ほやほや、三田でオーダー家具を製作されて

いるmuracoの村上ご夫妻が納品にいらしてくれ

ました。大阪より1.5倍広くなったので二人掛けの

テーブルを追加オーダーさせてもらいました。当初は

2パターン提案頂いたのですが、悩みに悩んで規則性

のある、接合部分に特徴のあるタイプにしたのがコレ

です。といっても全貌がわかりませんよね。テーブル

位置を決めてからペンダントライトの位置を決めよう

と思っていたので店内は薄暗く、こちらもライト配置

したらまた追って!

 

muraco無垢材のオーダー家具工房

http://www.muracowood.com/index.html

 

引越翌日から光が繋がるはずだったんですが、光回線

が物理的に切断されていました(笑)なのでよーやく

工事してもらい繋がりブログ更新に至りました。

 

京都に来てまだバスに乗っていません(苦笑)結構な

アレルギーですが、そうも言ってられないので、近い

うちにデビューを。今は徒歩30分圏内をウロウロと

散策しています。オーガニックスーパーやその手の物

を取り扱ったセレクト店がサクサクみつかるのに驚き

を覚えています。

 

ひとまず今日はこのあたりで(一気に放出)

 

 

 

 

 

 

 

シリーズ「店ができるまで(8)」

 

工事が始まってからは台風に見舞われることなく

天候に恵まれ、外装内装はほぼ完成しました!!!!!

大阪でもお世話になりました設計士さん、各専門

の職人さんのお力で私の頭の中の妄想店がカタチ

になり感無量です!

 

そして塗装完了後の外観はこんな感じです(↓)

京都だからという訳ではないですが宇治抹茶仕上げ

 

内装の断片(↓)

 

内装の断片(↓)

 

あとは木工系の家具たちの完成を待ちながら

再オープンに向けて、料理の試作と音響空間

作りに精を出したいと思います。

 

大阪店ではレコードとカセットテープのみの

BGMでしたが、オープンリール、レコード、

CD、カセットテープに対応していきます!

BGMチェンジの際は更にお時間を頂きますが

なにとぞ宜しくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

シリーズ「店ができるまで(7)」

 

 

まだ全貌は明かせませんが、工事も佳境に入りました。

内装工事としては週明けたらほぼ完成です。あと別注

でお願いしている木製家具類の納品が入ると店らしく

なるかと思います。

 

今回の肝はこの壁紙です(笑)

 

 

hair stylistics×jmt synth 2018/10/27 at bonobo

先日の HairStylistics×JmtSynthコラボシンセお披露目

パーティーのライブ動画があがっております。bonobo

の素晴らしい音響システムにより臨場感たっぷりに体感

できるかと思いますのでリスニングをオススメします!

 

 

 

まずはTUCKERさんから!

 

そしてHairStylistics中原さん!

 

最後はおふた方でセッションタイム!

 

東京でナニした(その2)

 

東京で食べた飲んだおいしい3選!

 

まずはこちら福井のコシヒカリとワイン酵母が出会った

ライスワイン福千歳。日本酒でもあり白ワインでもあり

絶妙な旨口ワインとでも言いましょうか。そもそも食用

のお米はお酒にするとタンパク質の多さから雑味が出て

向かないそうですが、その雑味を個性に昇華させたこの

ライスワインは日本酒ファンにもワインファンにも受け

そうだと思いますね。

 

 

東京へ行ったら吉祥寺softsさん巡礼が定例コースですが

吉祥寺で蕎麦を食べたことなかったなー!と思いふらり

入ったお店がいきなり名店でした!生粉打ち蕎麦(十割)

にありがちなザラつきやボサボサ感も全くなく実に旨く

感動で言葉を失い無言で完食。各地の地酒も豊富なので

再訪の時は夜の部にお邪魔しようと固く誓いました。

 

 

同じく吉祥寺。coromo-cya-yaさんで頂いたケーキ。

タルトの種類が多いように思いますね。下層がチョコ

上層が紅茶のムース。これがまたジャストマッチング

で昇天です。久々にロイヤルミルクティーを飲みたく

なりました。

 

3選が全部吉祥寺でしたね(笑)他にも行きたいお店

いっぱいあったんですが、人の多さと未だに慣れない

交通網に振り回されまた次回!ということで。今度は

ただただ遊びに行きたいです〜

 

東京でお世話になった皆さん、遊んでくれたフレンド

どうもありがとうございました!

 

 

東京でナニした(その1)

 

今回の東京の旅は、JMTSYNTHの新作コラボ商品お披露目

パーティー&試奏会のスタッフ名目ではありましたが、Hair

Stylisticsこと中原さんと魅惑のマルチ・エレクトーン奏者の

TUCKERさんの演奏〜セッションを目撃しないワケにはいか

んぞ!と、勇み入りしました。

 

せっかく東京滞在するのならと、大和町八幡神社大盆踊りの

取締役の関さんに無理を言ってDJイベントを組んで頂きま

した。会場は妄想インドカレー(妄想にリスペクト…笑)の

高円寺ネグラさん!東京でDJするのは初めてで、DJ自体

も思い出せないぐらい久々でしたが、ご参加されたDJの皆

さん思い思いの選曲に更なるレコード収集熱は上がるばかり

の私イノウエでした。阿佐ヶ谷でレコード店を切り盛りされ

るアツシさんのプレイ中「そ、それ売ってもらえんですか?」

と、言いそうになり何度ものみ込みました(笑)移転準備で

アップアップしてたところだったので、リフレッシュさせて

頂けました。お声がけ下さった関さん、共演者皆さん、会場

のネグラさん、お仕事帰りお立ち寄り頂いたお客さま、本当

に有難うございました!!!

 

 

 

 

カセットデッキなど、電化製品を解体→再構築して謎すぎる

ハードウェアを生み出す若きマッドサイエンティストの織り

なす世界は「人肌シンセ」につながるのかもしれませんね!

大江戸テクニカさん、関西でも見たい!(なんとかします)

 

 

JMTSYNTH×HairStylisticsコラボ商品完成お披露目

パーティーの模様は近日中にyou tube動画に上がる

そうなので、またそれはこちらでもお知らせさせて

頂くとして。いや〜すごかった!名人戦と言いたい

ですね。出演者ふたりなんですが、機材の多さ的に

は会場の半分を占める勢いには意気込みを感じずに

はおれんものでした。

 

TUCKERさんのスゴ技といえば楽器をリアルタイム

でループさせてオーバーダビングしていくアレには

もう圧巻です!ドラム、一斗缶、CDプレイヤー、

ベース、エレキ、テルミン、大正琴、エレクトーン

をひとりでバンドサウンドに仕上げていくって、、

今回はJMT SYNTHのノイズマシンも使って頂いて

のレア・パフォーマンス。音程のない不自由な機械

をさすが鍵盤奏者たるや、音痴ぎみリフ作りで愛嬌

最高でした!そしてお馴染みのカバー曲「テキーラ」

での火柱をあげてお客さんのテンションも最高潮!

歓喜の絶叫をあげるしかありません(笑)

 

HairStylisticsこと中原さん、今回もやはりズバ抜け

のぶっちぎりでした。始まったら終わりまで、ノン

ストップで演奏するという形をとったことがない私

としては、長い尺でどういう風に組み立てて終わり

に向かっていくんだろう?と素朴な疑問が沸きます

が、映画のストーリーに埋没する、モッてかれ感が

中原ワールドにはあるように思います。

 

そしてお2人のセッション!恐らくこの組み合わせ

はお初だと思いますが、ドンズバの相性!!もっと

見たいんですけど〜〜〜(なんとかしたいです)

 

人肌シンセ=ボネスキファンでもあるTUCKERさん

と記念撮影させて頂きました。ディックハイマンの

来日公演を見に行かれた話はただただ羨ましい(笑)

 

 

その2につづく

 

 

 

 

 

 

 

緊急告知:音楽会「ラニナウェ」のお知らせ

 

 

10月26日(金)と大変急を要しますが、今回はライブではなく

音盤紹介人としてDJ陣に紛れ込まさせて頂きます。大変光栄

です。大和町八幡神社で毎年開催される「大盆踊り会」を切り

盛りされている関さんに今回お声がけ頂きました!

 

(以下、イベント紹介文を転用させて頂きます)

 

音楽会「ラニナウェ」のお知らせです。

 

フロム大阪!銭湯でのぼせちゃったレイモンドスコット?!

古いカシオトーン(改造by jmt synth) 奏者の井上智恵さん

をお招きします!今回が初めてのDJ! 自身が営む「喫茶イノ」

(年始京都移転!)のレコードアーカイヴより“人肌シンセ”

(チチ松村さん命名)祭かも?!

 

そしてライブは、キッチュな自作カセットプレイヤーでめく

るめく超倍速エレクトロを奏でる「大江戸テクニカ」さん!

大盆踊り会での提灯2.0の制作など、要注目のDIYマッド

ネス。今宵はひとりカセットストアデイ!

 

他にもステキなDJの皆さま。世界の音が阿佐ヶ谷に!オント

エンリズムストア店主のアツシさん。ネグラさんでやってる

イベント“チリチリ酒場”よりH.I.G.Oさんと黒七味さん。もも

クロマイブームの中、他の音楽をかけてくれるGEN-SAN。

 

会場は高円寺の妄想インドカレーネグラさんです。

もちろんカレーも食べれますが売り切れ御免!

お待ちしておりますー!

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

10月26日(金) RUNNIN' AWAY 

高円寺ネグラ(妄想インドカレー)

1000円(1ドリンク付)

19:00〜23:00

 

LIVE:大江戸テクニカ

DJ:seki-san, gen-san, 井上智恵, アツシ(オントエンリズムストア)

   H.I.G.O & 黒七味(チリチリ酒場)

 

大江戸テクニカ(動画)

http://www.youtube.com/watch?v=emqrNpLyouI

 




お待ちしております!

シリーズ「店ができるまで(6)」

 

工事直前の写真です。築年数不明の古民家ではあるのですが

もともとは板金工場だったと聞いています。いわゆる京町屋

ではないので、町屋風情とは違うレトロ感が存分に極まって

おりますが、一階の喫茶部は例にもより、私の趣向が存分に

発揮された異空間になる予定となります。頭の中だけで組み

立ててきたものが職人さんのお力を借りてどのように具現化

するかは約1ヶ月後!

 

このところの天災で予定がズレているので、年内再オープン

はちょっとタイトだなと改め年明け1月中には再開できると

思います。

 

 

昨日ふと閉店の時の音楽について考えが及びました。

もちろん口頭でお知らせするので全然いいんですが

「ほた〜るの、ひか〜り」と流れ出すと、なんだか

そろそろと帰り支度を促す、アノ感じはなんだろう

と考えてました。それを調べていると「蛍の光」は

タイトルではなく「別れのワルツ」が正式名だった

ことにブチ当たりました(笑)おまけにオリジナル

は3拍子でした!あと、ドボルザークの「家路」も

帰りたくなる郷愁感がすごいですね。

 

喫茶イノの閉店曲を作ってみるのもいいかもな〜と

思っています。別れのイージーリスニングなるもの

を!