東京で何した編(3)

 

前回、偶然にも入った店がいきなり巨匠級だった恵比寿ヴェルデ。

その日を境に効率が悪かろうが、ネルっしょ!となった私ですが

今回は2度目のヴェルデではなく、あえて別のネルドリップの店

を2軒たずねてみました。

 

 

深煎り20g/100cc エチオピア

 

1軒目は同じく恵比寿の珈琲トラム。ドリップする手元が見れる

席につけました。前回のヴェルデでは抽出時間が早かったように

思いますが、トラムがかなり抽出に時間をかけていて何かの儀式

のような趣も(笑)酸味はほぼ感じることなく苦味系あのトロミ

これこれという感じでした。が、ヴェルデとは似て非なる、違い

をもう少し自分の中で意識したかったのですが、そこが今回後悔

したポイント(笑)やはりヴェルデも行っておくべきでした。。

 

 

店構えが喫茶店というか、もう蕎麦屋のような風格を感じますね。

中に入ると、ここが虎ノ門か!というのを忘れるような異空間!

その時はレコードではなかったのですが、プレイヤーも鎮座して

いたので、たまにかけられるのでしょうか?クラシックレコード

も目に入りました。聴きたかったな。

 

 

ふつうめ/中深煎り12g/130cc 

 

うっかりしてました。同じ条件のものを飲むべきだったのに!!

ドリップする手元の見えない位置だったのですが、飲み口として

は、ペーパー寄りに近いネルだったなという感想です。こいめで

比較したかったのに、私としたことが!(苦笑)

 

〜その4につづく

 

 

 

コメント