POP ART SOUL at 京都高島屋7階催事会場

 

イレギュラーですが(次回作出るまでライブしないと言ってたので)御案内。

 

京都レコードフェア期間中の出張企画パーティーの中で演奏させて頂きます。

 

ライブあり、DJあり、アナログばか一代あり!

 

12/23(土)10時〜20時まで

 

【ライブ】

松浪千静(三味線 民謡)

安藤明子(ギターSSW)

井上智恵(電子鍵盤)

 

【D J】

ミハル(日本メロウ大学)

アイコンガ(Our Latin Way)

原 清華(きものシャン!)→この日のパーティーのオーガナイザー

ポップアートソウル

 

【スペシャル講義】

湯浅学×いしいしんじ(アナログばか一代GO!GO!京都高島屋)

 

【レコードフェア京都】
12月20日(水)〜25(月)
各日午前10時〜午後8時 ※最終日は午後7時閉場

<参加店>
クレモナ(京都)

バナナレコード(愛知)

100000tアローントコ(京都)
ART ROCK NO.1(京都)

ebony sounds(静岡)

FLAMINGO RECORDS(福井)
GREEN HOUSE(岡山)

GROOVIN'(広島)

HOT STEP(京都)
L-COMMITTEE RECORDS(京都)

Llamalabo Record(京都)
pocoapoco(京都)

Rook Records(三重)

TORADRA RECORD(京都)
PLANTATION(大阪)
 

※入場無料

 

※12/23(土・祝)は喫茶イノ臨時休業となります。

 

 

 

音盤アワー(12)

 

外は10度を下回っているようですね、今日は。

店の厨房内よりお送りします音盤アワー。本日も

お客様よりお借りしているレコードを!

 

キーワードは「今更ながら聞けないよな」

 

まずはレジデンツより。私の音楽的芸風からまず

当然聴いてるでしょう!と、言われることが多い

レジデンツなんですが、今回お借りして聴く機会

に恵まれて心底良かったと思いました(笑)当時

彼らはどういう文脈で語られていたのか?何かの

パロディーとか?顔を明かさない覆面芸風ですが

初来日は本人たちの演奏だったのか?!とにかく

今更すぎて誰にも聞けません…ので、レジデンツ

一筋の方をまじえて「今更部」の会を店内で設け

てみたいなと思っていますのでどなたか名乗りを

あげて下さい(コメントどうそ…笑)

 

そして肝心のこのアルバムですが、各1分40曲

収録、40分!アルバムタイトルにもなっている

コマーシャルアルバムとはうまくつけたものです。

このところの私の作風にもリンクして、なんども

聴き返しているんですが、1分につめこんでくる

美学(笑)30年のキャリアの中でこのアルバム

がどう評価されてたのか謎ですが、ジャンル分け

がアホらしくなるし、そんな必要もないのですが

痛快でした。リスペクト!!!!! (遅まきながら)

 

そして続いて弦楽四重奏楽団クロノスカルテット

のセロニアスモンクに挑んだ意欲作?!こちらも

初見なんですが、調べてみるとジミヘンの「紫の

けむり」を取り上げたことで有名みたいですね。

ゲストにロン・カーターを招き、プロデュースは

モンク50年代後期の諸作品を手がけてたオリン

キープニュースを迎えての気合いの入ったもの。

このところ室内楽モノにハマっていたので軽音楽

の延長でよく聴いているんですが、クロノス自体

は現代音楽家集団のようで翌年にビル・エバンス

の楽曲集を出しているようです。で、今更ですが

元ネタのモンクも聴いてないのです…(笑)よく

「モンク好きそうですね」とも言われつつ、聴く

機会をずっと逃していての今回のカバー集(笑)

 

皆さんの「今更…」を「今」体験してみません?

 

 

東京、番外編

 

大変長編になってしまった東京旅報告、番外編は吉祥寺のビル屋上

の秘密基地の様相強し洋品店「そふつ」さん。何度か再訪している

お店なんですが、取り扱われる洋服たちにまつわる物語りをいつも

饒舌に愛情たっぷりに語られる店主がりさん。本来であればこの手

のものは並ばないであろう高齢者向けに作られた日本の老舗ダウン

メーカーのベスト。高齢者の腰が冷えないよう、いや腎臓を冷やさ

ないように、そんな用途から産み落とされたストレンジなデザイン

をストリートピープルに提案してみたくなったとか(笑)共同者と

手がけられた「MADE IN CHINA」とプリントされた、MADE IN

AMERICA製のスウェット(笑)いつもその視点とユニークな提案

に驚かされます。

 

http://softs.to/

 

 

1205〜06の喫茶イノ

 

明日、明後日は定休日となります。

 

 

東京で掘ったレコード編

 

私がリスペクトしてやまないノアルイズマーロンタイツのバンマス

阿部さんの営む、今やSP盤に特化した音盤界の良心ことノアルイズ

レコードat下北沢へ。看板すらまだ出ていない、フライング来店の

私です(笑)いつも探し求めている音盤はありますが、ノアレコへ

お邪魔した時は阿部さんのオススメ、処方に身を委ねるのも楽しい

ものです。ここを掘っておけば安心というのもいいんですが、ここ

も掘れるんだ!という天の声に導かれる新境地は未だにワクワク。

 

 

今回の処方は偶然にも「青ジャケ」に統一されました!潔いジャケ

ばかりですよね。左上からルイビルオーケストラ。こちらは交響曲

モノで演目が大変珍しいものばかりのよう。ちなみに前回訪問時は

小編成室内楽モノで、店の音の壁紙として抜群にしっくりしてよく

かけていましたね。そして右上は大名曲、誰でも聴けば知ってる!

スターダストナンバーばかりを集めたモノ。スターダストの作曲家

であるホーギー・カーマイケルのボーカル入バージョンも聴けます

が、なんといっても同じ曲なのにアレンジ違いでこんなに飽きずに

気持ちよく何度も針を落とせるのかー!という驚き。それはやはり

楽曲の優れた強度につきますね〜。これを聴いてて、自分の曲でも

こういう試みをしたアルバムを出せたら面白いな〜と、セカンドも

まだリリースできていないのにアイデアだけ先行しとります(笑)

そして最後はポール・ウェストン・アンド・ヒズ・ミュージック・

フロム・ハリウッドの50年代のムードミュージック傑作モノを!

1曲につき1人のソリストをフロントに立てるアイデアを結集させ

た自身のバンド編成での最高傑作と言われているそうです。どれも

呼吸を乱さない、ゆったりした、ラグジュアリーの境地へ誘ってく

れる音盤たちでした。

 

東京「番外編」につづきます。えらい長編になりました(笑)

 

 

 

 

 

JMT SYNTH EXHIBITION at forest limit

 

11/25_26 JMT SYNTH EXHIBITION at Forest Limit への来場

ありがとうございました。期間中JMT SYNTHを使って頂いての

ライブアクト(11/25 GUILTY C. 11/26 Hair Stylistics)共に

圧巻でした!会場のFOREST LIMITの音響も相俟って音塊の海に

手放しでダイブ!

 

 

【1日目】GUILTY C.  

 

ひとことでノイズミュージックといっても様々で

GUILTY C.さんを敢えてジャングルエキゾチック

サウンドと形容してみたいです。語弊があるかも

しれませんが(笑)

 

http://gravity-swarm.sakura.ne.jp/

 

 

【2日目】Hair Stylisticsこと中原昌也氏

 

せいぜい2分ほどの曲を作曲する私にはとうてい

想像できないヘアスタの世界。終点までの車窓の

景色は早送りでどこかの誰かの人生の浮き沈みを

目まぐるしく見せられているような、長編映画の

ような音。いつになくドラマチックだったな。

 

最新作にあたるヘアスタ自主制作CDRシリーズ

198作目はJMT SYNTHをふんだんに使った作品

になっています。ご興味あれば下記でお買い求め

になれるようです。ぜひ!

 

http://losapson.shop-pro.jp/?pid=125814966

 

今回のFOREST LIMIT での動画がダイジェストで

見て頂けます。こちらもドウゾ!

 

https://www.youtube.com/user/panote09

 

東京「音レポ」はまだつづきます。

次はレコードハンティング編です。

 

 

 

 

 

1204の喫茶イノ

 

【本日の営業時間】

12:00〜15:00(ラストオーダー14:30)

18:00〜20:00(ラストオーダー19:30)

 

【本日のメニュー】

おにぎりセット(副菜4種付→750円/副菜5種付→900円)

チキンカレー

レンズ豆と玉葱のココナッツミルクカレー(1種3副菜1000円/2種3副菜1100円)

 

小菓子(各150円)

 ① 山陰名菓 生姜糖   

 ② 長崎名菓 一口香 

 ③ 大分名菓 ザボン漬

 

珈琲

〜マンデリン中煎/メキシコ中煎/グァテマラ中煎/エクアドル浅煎(小400円/大550円)

アイス珈琲(600円)→欠品中

トゥルシー茶(500円)hotのみ

ルイボス茶(500円)

アップルタイザー/グレープタイザー(500円)

new!! 瓶ビール(箕面ビール/600円)

 

【本日の副菜】

レンコン甘酢醤油漬け

ピーナッツ味噌

大根の甘酢

玉葱の赤ワインピクルス

鳴門金時のきんぴら

炒りぬか入り生姜の佃煮

金時草の酢味噌和え

里芋の和風サラダ

 

※ごはんは自然農法のもち麦入り白米となります

東京で食べた、飲んだ編(3)

 

東京の夜、最終日は吉祥寺の「ノ貫(へちかん)」へ。太田和彦の

「ふらり旅いい酒いい肴」を見て以来ずっと気にかかっていたお店

で、お通しのジャガイモ冷製ポタージュを飲み干しいざ日本酒へ。

こちらはしぼりたてとおっしゃていたのでいわば日本酒ボジョレー

といった趣でしょうか。1杯目にぴったりでした。2杯目は秋田の

雪の茅舎を!で、肝心なお料理が全然撮れてません…(笑)和食を

ベースにされつつ、和洋折衷、垣根を越えた美味しいお料理のオン

パレード。10種彩り旬野菜の温サラダ、鴨ロース煮と春菊と金柑

のクルミ和え、イベリコ豚の肩ロース塩焼き柚子胡椒、葱醤油焼き

ソバを頂いたはずです(記憶を呼び起こしたところ)一見敷居高い

のかな?という不安はすぐに消える程の居心地のよい対応、大人が

美味しいお酒と食事を楽しむ空間なんだなと感じるお店でしたね。

 

 

まさに灯台下暗し。いよいよ東京をたつ日の朝。いつも通っていた

ホテルから近い某有名カフェの珈琲があまり好みではなかったので

どこか他にないかとホテル界隈を歩いていたらすぐ近くに自家焙煎

という文字が目に飛び込み、その喫茶店は2階!迷わず入店!店の

BGMはジャンゴ?ジプシースウィング?これは期待が高まります。

お店は「coffee&tee BBB」です。遅めの朝だったので、昼メシ分

のスペースを空けておかないと(と、食に卑しいですが)珈琲のみ

をオーダー。酸味系がダメなんで、インドネシア・マンデリンG1

セブンステラ中煎りを頂きました。これは朝イチにぴったりな濃さ

です。次は少し個性の違うものを。エチオピア・モカイルガチョフ

G1ナチュラルを。んんんんん!再訪決定です(笑)昼メシのこと

を考慮せずにサンドイッチも食べておくべきだったと後悔、、、

 

東京「食レポ」はこのあたりでおわり。

 

東京「音レポ」につづく。

東京で食べた、飲んだ編(2)

 

ここからは昼カレー報告、3連発です。展示会の最寄り駅、幡ヶ谷

から南へ徒歩3分ほど。自然派ワインと家庭料理の店「ジッカ」へ

行ってきました。ランチはドライカレー、焼きカレー、ピザだった

ので迷わず焼きカレー(キノコと卵と豚挽肉)をチョイスしたもの

がコチラ↑卵とチーズがやはり万能ですね。あえて私は禁じ手食材

として自分に課しておりますが(笑)フツーに旨いです。自然派の

ワインにもひかれます。今度は夜お邪魔してみたいかも。

 

 

続きましては代々木上原駅の体に優しく安心を心がけにされている

オーガニックカフェ「オフ」へ。本当のことを言うと、この近くの

按田餃子へ行こうとしてたんですが、開店すぐにして満席&外には

長蛇の列。瞬殺で諦めこちらへ(苦笑)写真はチキンカレーです。

添え物は彩りの豊かなローストされた有機野菜。サラダランチなる

ものもあり、大変デコラティブで美しい盛りつけでコレはインスタ

映え間違いなしですね。私の技量の限界で、この写真では美しさが

あまり伝わってませんが。

 

 

ラストカレーは下北沢「アンジャリ」へ。実は2度目の再訪です。

歳柄か、カレーだけに限らず「もたれない」が私の中で鉄則化して

おります(笑)こちらもその範疇。南インド〜スリランカをベース

に日本人好みにアレンジされていた飽きのこない、近くにあったら

間違いなく通うよな〜というお店です。以前はチキンとレンズ豆の

2種だったので今回はチキンとマトンキーマを。基本マトンは躊躇

するんですが大変うまく調理されていて、いいアクセントになって

いて楽しく最後まで頂けました。写真撮り忘れましたが、鶏軟骨の

ピクルスは超絶品で酒の肴系ですね。食の旅、まだつづきます。

 

1203の喫茶イノ

 

【本日の営業時間】

12:00〜16:00(ラストオーダー15:30)

 

【本日のメニュー】

おにぎりセット(副菜4種付→750円/副菜5種付→900円)

チキンカレー

レンズ豆と玉葱のココナッツミルクカレー(1種1000円/2種1100円)

 

小菓子(各150円)

 ① 山陰名菓 生姜糖   

 ② 長崎名菓 一口香 

 ③ 大分名菓 ザボン漬

 

珈琲

〜マンデリン中煎/メキシコ中煎/グァテマラ中煎/エクアドル浅煎(小400円/大550円)

アイス珈琲(600円)→欠品中

トゥルシー茶(500円)hotのみ

ルイボス茶(500円)

アップルタイザー/グレープタイザー(500円)

new!! 瓶ビール(箕面ビール/600円)

 

【本日の副菜】

レンコン甘酢醤油漬け

ピーナッツ味噌

大根の甘酢

玉葱の赤ワインピクルス

鳴門金時のきんぴら

炒りぬか入り生姜の佃煮

金時草の酢味噌和え

 

※ごはんは自然農法のもち麦入り白米となります